犬の感染症~ウィルス感染

パラインフルエンザウィルス感染症(ケンネルコフ)

おもな症状はがんこな咳です。子犬が咳をしていたらこの病気の可能性が高いので病院へ行きましょう。

進行すると鼻汁が出て、咳のあとにたんがからんみ吐くこともあります。

子犬の場合は食欲がなくなり衰弱して死に至ることもあります。抵抗力の弱い老犬が感染すると肺炎を併発することもあります。

咳と軽く考えず早めに対処してください。

パラインフルエンザウィルスなどのウィルスや細菌の単独感染および混合感染が原因で発症します。咳やくしゃみで空気感染するので、繁殖犬舎やペットショップなど、犬が多い施設でよく発生します。

家庭でも1匹が発症すれば、多くの場合ほかの犬にも感染します。

 

 

パルボウィルス感染症

血液検査や糞便の検査で、白血球の減少などから発見される病気です。

腸の粘膜がひどくただれる消化器型と、急性心不全で突然死する心筋炎型がありますが、ほとんどは突然激しく嘔吐し、黄灰色の血のような悪臭のある下痢便をする消化器型です。

嘔吐と下痢を繰り返し、脱水症状をおこすので子犬の場合は死亡率が高くなります。

心筋炎型は生後3~9週間の子犬がかかる病気で、その兄弟も次々に発症します。

犬パルボウィルスは1978年に最初に発見された強力な生命力のウィルスです。

ほとんどは子犬のかかる病気で、成犬はワクチン接種をしていれば感染しても症状を示さないまま回復します。

感染した犬の便や嘔吐物、汚染された食器、また感染した犬に触れた人の手や衣類などから感染します。

衛生状態の悪い集団飼育施設などでは、成犬の集団感染がみられることもあるので注意が必要です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ