犬の生殖器の病気(メス)

子宮蓄膿症 しきゅうちくのうしょう

5~7歳以上の犬に多い病気ですが、これ以上の年齢の犬にもおこります。

発情の1~2ヵ月後、元気がない、食欲がないといった症状や、嘔吐、多飲多尿、腹部の膨満がみられたら、この病気を疑っていいでしょう。

外陰部は発情期のころのように膨れて大きくなることもあります。

子宮内に溜まった血や膿を含んだ分泌物が膣から排泄されれば発見されやすいのですが、オリモノは殆どの場合みられません。

子宮が破裂して腹膜炎をおこすと大変危険です。

発情出血の後、ホルモンバランスにより抵抗力が落ちているため、子宮の中で細菌感染がおこり、子宮に膿が溜まる病気です。

排泄後に卵巣にできた黄体ホルモンが長い間分泌されるため、子宮内膜が増殖し、子宮が細菌に感染しやすくなるのが原因です。

出産を経験していない犬や出産回数の少ない犬に多くおこる傾向があります。

 

 

乳腺炎 にゅうせんえん

出産後、乳腺に痛みを伴うシコリができて発熱します。乳首から黄色い乳汁がることもあります。イライラして食欲をなくします。

出産後の授乳期におきやすく、母乳が過剰に生産されたり乳首からの細菌感染によって乳腺に炎症がおきた状態です。

ただし出産にかかわらず、発情期が終わって2ヶ月後にも同様の偽妊娠の症状がみられることがあります。この場合は、妊娠さえしていなければ時間が経てば乳汁は出なくなります。

偽妊娠

発情期の後、交尾をしていないのに母乳が出たり腹部がふくらんだりします。

細菌による感染が原因です。交尾や出産の後におこりやすい病気です。

 

 

膣炎

陰部をなめたり、粘液性のオリモノが多く見られます。

細菌による感染が原因です。交尾や出産の後におこりやすい病気です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ