犬の僧帽弁閉鎖不全(心臓弁膜症)

犬の僧帽弁閉鎖不全(心臓弁膜症)は心臓の僧帽弁が閉鎖不全を起こす病気です。この状態が長く続くと、肺水腫や呼吸困難になります。

この病気は、犬の僧帽弁閉鎖不全(心臓弁膜症)

はじめは興奮したときなどに乾いたような軽い空咳が出る程度ですが、その咳の間隔がだんだん短くなっていきます。

夜中から朝方にかけてひどくなることが多く、重くなると一晩中止まらないこともあり、犬も飼い主も大変な思いをしなければなりません。

さらに病気が重くなると、咳と同時に呼吸困難を起こしたり、そのため貧血となって、唇や舌が紫色になったり、発作を起こして倒れることもあります。

そのような発作が頻繁に起きたり大きな発作に襲われると、生命に関わることもありますので、注意が必要です。
2枚の弁からなる僧帽弁が長い時間の間に少しずつ厚くなって変形し、よく閉まらなくなります(閉鎖不全)。

また、この弁は細いひも状の腱(腱索)で支えられて開閉しているため、この腱索やそれを支持する乳頭筋といわれる筋肉の異常も、この病気に関係しています。

僧帽弁が完全に閉じなくなるため、左心室が血液を押し出そうと圧力をかけたとき、血液は本来の流れである大動脈の方向だけではなく、逆の左心房の方向に押し戻され、さらに肺からくる肺静脈の流れにも影響を与えて、肺にも負担がかかるようになります。

この状態が長く続いたり、僧帽弁の閉鎖不全が重くなったりすれば、肺はうっ血を起こして肺水腫の状態となり、咳や呼吸困難を引き起こします。
治療は、強心薬、利尿薬などによる内科的療法が主になります。弁の異常や心肥大を外科手術で改善することは困難ですので、多くの場合症状を軽くするため、長い間、薬を飲ませなければなりません。ときには一生薬を飲ませ続ける必要があることもあります。

家庭では、なるべく犬を興奮させないようにし、長い散歩などは控えた方が良いでしょう。また、食事についても、たとえ副食やおやつとしてでも、塩分の強いものなどを与えるのは控えなければいけません。

最近は心臓病用の処方食なども普及しているので、獣医師に相談してみましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ